リアル店舗は『エリア名+サービス名』で上位を狙う!集客の為のローカルSEO対策

seo-map-marketing13

イトカズです。

iPhone修理屋をやってきた私がグーグルマップに店舗の情報を載せ、集客に活かす手段をお伝えします。

もちろんブログで情報発信をして検索結果で上位に上げることはとても大切です(というか絶対必要なこと)

ブログでの情報発信に加えて、グーグルマップに店舗情報を掲載する事は、将来のお客様にあなたのお店を見つけてもらうきっかけになります。

イトカズ
グーグルマップを活用することは、通販やWEBサービスでは出来ない、実店舗のある業態だけが使える手段です。うまく使ってあなたの集客力を高めましょう

人は『エリア名+サービス名』で検索をする

seo-map-marketing1

例えば、あなたが新しいお店に行こうと思うとき、検索しますよね?

・いつも違う居酒屋に行きたい時
・美容室を変えたい時
・最寄りの整骨院を探す時
・近くの歯医者を探すとき
・旅行先でいくカフェを探すとき
あなたが探したいものは状況によって様々だと思いますが
『エリア名+サービス内容』で検索する事はありませんか?

イトカズ
例えば、あながスマホを持つようになってから『エリア名+電源』と検索した経験はありませんか?

美容室やiPhone修理、電源が取れるカフェなど、実店舗で直接的なサービスを探す場合『エリア名+サービス名』で検索されるケースは多いです。これをローカルSEO』と言います。

同じ意味でMEO(Map Engine Optimization)という情報もありますが、実際にアメリカではMEOという言葉は使われていない表現のようです。
ここでは『ローカルSEO』という表現で統一します。

検索はサイトの順位(SEO)よりも地図の順位(ローカルSEO)が先に表示される

あなたの将来のお客様が『エリア名+サービス名』検索する可能性は自身の経験から理解できたとおもいます。
重要な点はその検索結果が、サイトの順位よりも先に地図の順位が表示されるということです。

イトカズ
実際に検索した結果を見て見ましょう
例えば『築地+お寿司』のキーワードで検索した場合、検索結果に築地エリアの地図とお寿司屋さんの順位が表示されています。
seo-map-marketing2

ちなみにHPやブログが表示される『SEO』の結果はこの『ローカルSEO』の順位のあとに表示されます。
seo-map-marketing3

検索者のお悩みを解決する良質な記事を増やして、ブログやサイトの検索順位を上げることはとても大切なことです。
しかし、実店舗で直接的なサービスを提供する業態の方には、『SEOによるサイトの検索結果』に加えてグーグルマップに表示される『ローカルSEO』の存在は無視出来ないものです。

イトカズ
次はあなたのお店をこのグーグルマップの表示されるようにする手順をご説明します。

グーグルマップに自分のお店を登録してローカルSEOに反映させる手順

グーグルマップにあなたのお店を表示させ『ローカルSEO』対策をするにはグーグルマイビジネスに登録する必要があります。グーグルアカウント(Gmailのメールアドレス)を持っていれば登録方法は簡単です。

イトカズ
グーグルから公式に動画で解説があります。この動画をもとにして補足部分を解説します。

Google Map(グーグルマップ)に店舗の情報が存在している場合

まずはGoogle Map(グーグルマップ)にあなたのお店が存在しているかどうかを確認します。

あなた自身がお店を登録していなくても、第三者からの報告(口コミ)やHPの存在をきっかけにGoogle Mapに簡易的な情報のみが反映されている場合があります。

①あなたのお店情報が掲載されていれば『このビジネスのオーナーですか?』をクリックする。
※地図に店舗情報がない場合→こちらをクリック

seo-map-marketing4

②利用規約に同意する旨の箇所にチェックをいれて続行をクリックします。
seo-map-marketing5

③確認コードを取得しオーナー登録をする
seo-map-marketing6例の画像では電話・メール・郵送の3通りですが選択可能な手段は場合によって様々ですがどの手段でも共通しているのは認証キーを取得して承認を完了させるということです。
・電話→店舗に電話がかかって、自動音声で認証番号が伝えられます。
・メール→メールで認証コードが届く
・郵送→店舗住所宛にグーグルから郵便物が届いて、その書面に認証コードか載っている

既存の情報に電話番号があったり、メールアドレスない場合は確認コードを取得する手段は郵送しかないです。実際にイトカズは郵送のパターンで手続きを行いました

Google Map(グーグルマップ)に店舗の情報がない場合

Google Map(グーグルマップ)に店舗の情報がない場合、ご自身で店舗の情報を登録する手順から始めます。

①Google mybusiness(グーグルマイビジネス)にグーグルアカウントでログインします。
seo-map-marketing7

 

②画面右下の青いアイコンをクリックします
seo-map-marketing8

③『ビジネス情報を追加』をクリックseo-map-marketing9

④ビジネス名(屋号)や住所・連絡先等必要事項を入力する
seo-map-marketing10

⑤必要事項を入力後、続行をクリックします
seo-map-marketing11

⑥確認コードを受け取りオーナー登録をする
seo-map-marketing6例の画像では電話・メール・郵送の3通りですが選択可能な手段は場合によって様々ですがどの手段でも共通しているのは認証キーを取得してショップ情報のオーナー登録を完了させるということです。
・電話→店舗に電話がかかって、自動音声で認証番号が伝えられます。
・メール→メールで認証コードが届く
・郵送→店舗住所宛にグーグルから郵便物が届いて、その書面に認証コードか載っている

既存の情報に電話番号があったり、メールアドレスない場合は確認コードを取得する手段は郵送しかないです。実際にイトカズは郵送のパターンで手続きを行いました
イトカズ
ビジネス登録ができたら次はいよいよ検索結果で上位に上がるために対策を施していきます

ローカルSEO対策に必要な重要ポイント3点

ここでは登録した店舗情報が検索結果で上位を目指すための対策を解説していきます。

グーグルマイビジネス ヘルプ内にGoogle のローカル検索結果の掲載順位を改善する方法について解説されています。
引用しながら上位表示に必要な対策を3つにまとめました。

・正確で詳細な情報
・お客さまのレビュー
・Googleインドアビュー
の3つです。

営業時間、定休日など店舗の詳細な情報を登録する

検索した結果を問題解決の手段で返す『SEO』と違い、『ローカルSEO』では店舗の営業時間や店休日の情報がかなり大事になってきます。

例えば、日曜日が定休日のお店は日曜に検索した結果では下位に表示され営業しているお店が上位に表示されます。
また、閉店時間を迎えたお店は下位に表示され営業中のお店が上位に表示されます。

『SEO』の考え方と同様、『ローカルSEO』でも検索した方に有益になる結果を伝えることが、グーグルの基本的な姿勢です。
正しい情報を検索者に伝えてあげる為にも、あなたのお店の営業時間や店休日は詳細に登録しましょう。
基本的な情報に加えて、連休や祝日の営業、貸切や企画による営業時間の変更については、特別営業時間を設定することができます。
より正確な情報を伝えることで、検索者の為になるように徹底しましょう。

いつでも上位に表示させようとして『24時間営業年中無休』と情報を掲載しても、WEB上の他の情報や検索者の動向を元にグーグルが誤った情報だと判断すると一気に下位表示にされる可能性があります。あくまで正しい情報を掲載するようにこだわりましょう

来店者にレビューをつけてもらう

Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する方法にある情報で『ローカルSEO』の検索結果を決定する仕組みの中に『知名度』という項目があります。

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

(参考サイト)ーGoogle マイビジネスヘルプ

Googleでの口コミは『ローカルSEO』の結果に影響があるとはっきり書いています(全てではないです)

一つの例として『沖縄 海の見えるカフェ』で検索してみます

イトカズ
どうせ沖縄に旅行するなら海の見えるおしゃれなカフェとか行きたいですよね?
検索するとこんな結果になります!!
seo-map-marketing12

ローカルSEOで1位に出たお店は浜辺の茶屋と言うカフェです。
ガイド本にも載るような有名店ですが、ガイド本を手に取らずともグーグル検索結果でも目にする方が多いのは明らかです。
特筆すべきは検索結果のレビュー数。2位を差し置いてダントツの数です。

イトカズ
繰り返しますがGoogle のローカル検索結果の掲載順位を改善する方法にある情報で『ローカルSEO』の検索結果を決定する仕組みの中に『知名度』という項目があります。
知名度=レビュー数』というワケではありませんが、知名度を図る大きな要因だと考えられます
とは言っても、グーグルは不自然なレビューを嫌います。意図的に短期間に良いレビューだけが急増するような施策は好ましくないと考えます。あくまでの自然なお客様の声を評価として集めるという意識でお客様の評価をもらうようにすることが大事です
イトカズ
口コミサイトなどでオール5のお店や商品って逆に怪しいですよね?良くても悪くてもそれが『お客様の声』ですし、グーグルが求めているものでもあります

Googleインドアビューを利用する

グーグルインドアビューとは、グーグルストリートビューの店内版』です。
店舗内の情報を数枚の写真だけではなく、360度カメラを使ったインドアビューを取り入れることで、お店の情報を探しにきた方へより詳細な情報を伝えることができます。

イトカズ
浜辺の茶屋もグーグルインドアビューを採用していました。綺麗な店内をご覧ください

この『グーグルインドアビュー』というサービスは前身のサービスが2012年頃から始まっており、『グーグルインドアビュー』と言う名前になったのは2015年からで、今後取り入れる店舗は増えていくことが予想されます。

飲食店や商業施設、写真スタジオやサロンなど、来店前に雰囲気を伝えたい業種には相性の良いサービスです。

このサービスを利用するには、『認定代理店』と言って、グーグルに認定された360度パノラマ画像で撮影ができる企業に依頼する必要があります。基本的に撮影にかかる初期費用のみで維持費はないようです。
写真の枚数や撮影の仕方によって料金は変わります。
イトカズ
最寄りのグーグル認定代理店を探したいなら、『エリア名+グーグルインドアビュー』で検索すればいいとおもいます
ローカルSEOを頑張ってる業者が出てくるはず

まとめ:『SEO』も大事だけど『ローカルSEO』対策がライバルに差をつける

HPやブログを持ってSEO対策を行い、WEB集客に取り組むことは現代のビジネスには必須になっています。イトカズも含めて、あなたの商売のライバルも何かしらSEO対策をしているはずです。
しかし、『ローカルSEO』については対策を講じていない方も多いと思います(特に地方都市)

あなたのブログからの情報発信に加えて『ローカルSEO』対策に取り組むことをオススメします。
まだライバルが取り組んでなかったらチャンスです!

イトカズ
とりあえず沖縄に帰ったら浜辺の茶屋に行こうと思います笑
おかげ様でいい記事かけました!

この記事を書いた人- WRITER PROFILE -


“読んだ人が得をしないとブログじゃない”をモットーに書きます。
個人ブログでは“内容”よりも“誰が話しているか”が大切と思います。
iPhone修理、SEO、ライティングについて書いています。
沖縄出身福岡在住の30歳。ソフトバンクホークス応援してます。
好きな食べ物はちゃんぽん。
詳しいプロフィールはこちら

イトカズユウタ

seo-map-marketing13

↓↓フォロワーさんにシェアするSNSボタン↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です