iPhoneのロック解除のパスコードを連続で間違えるとデータが自動消去となる設定を解除する方法

イトカズです

iPhone修理屋でお仕事していると[keikou]消えたデータを復活させたい[/keikou]と相談を頂く場合があります。

しかし、お客様のiPhoneの状態に応じて[keikou]データの復旧が出来ない場合もあります[/keikou]

iPhoneの修理屋も万能ではないので注意してください・・・

[keikou]今回はロック解除の連続ミスによるデータ消失を防ぐ設定手順です[/keikou]

[voice icon=”https://itochannel.com/wp-content/uploads/2017/08/IMG_4726.jpg” name=”イトカズ” type=”l icon_blue”]

お子様が目を離した隙にスマホを触っちゃうご家庭

指紋認証でロック解除してパスコードを忘れちゃう方

要チェックです!!!

[/voice]

パスコードを10回以上間違えるとどうなるのか?

実際にお客様にあった例を5行で説明します。

[aside type=”boader”]・目を離した隙に子供がiPhoneを触る

・ロック解除を11回ミス

・防犯設定が作動してデータ自動消去

・淡い期待で修理屋にデータ復旧を相談

・無理って事が発覚…[/aside]

といった流れでトラブルが起こります。

11回目のパスコード入力を間違えた場合のiPhoneの画面は

[keikou]「iPhoneは使用できません」[/keikou]と表示されます

こうなってしまうとiPhoneは使用不可能&データ復旧不可能です

iphone_data_security5

この時[keikou]iTunesに接続[/keikou]と表示されていますが

iTunesに接続して出来ることは初期化(購入時の状態に戻すこと)のみです

それまでiPhoneの中にあったデータの復元はできません

[aside type=”normal”]※補足※

過去にPCやiCloudにバックアップをとっている場合

バックアップ時点の状態への復元は可能です

[/aside]

[voice icon=”https://itochannel.com/wp-content/uploads/2017/08/IMG_4726.jpg” name=”イトカズ” type=”l icon_blue”]

最新のバックアップが比較的最近のものであれば、そこまでダメージはないですが

しかし、1年以上バックアップがないという方も多くいらっしゃいます。

念のために確認しておきましょう![/voice]

6回目以降のロック解除のパスコード入力ミスの間に操作制限が発生する

iPhoneでは6回目以降のパスコード入力をミスの際操作制限がかかります

例えば[keikou]6回目入力ミスをした場合1分間の操作制限[/keikou]があります。

その1分間はiPhoneは全く操作できなくなります。

iphone_data_security6

[aside type=”normal”]※補足※

6回目〜10回目まで解除ミスが発生した場合の操作制限の時間は異なります

・6回目のミス→1分間の操作制限
・7回目のミス→5分間の操作制限
・8回目のミス→15分間の操作制限
・9回目のミス→60分間の操作制限
・10回目のミス→60分間の操作制限

[/aside]

[voice icon=”https://itochannel.com/wp-content/uploads/2017/08/IMG_4726.jpg” name=”イトカズ” type=”l icon_blue”]

例えば、子供から目を離した間にiPhoneを触ってしまった場合

10回目のパスコード入力ミスをしてしまうまでに2時間以上かかります

それまでに気づけば問題ないです

[/voice]

しかし、間違えてでも11回目のパスコードミスをしてしまった場合

[keikou]iPhoneのデータはすべて消去されます。。。[/keikou]

どんなに気をつけていても、もしものことは起こしたくないですよね。

それならデータ自動削除になるセキュリティ設定を元からオフにしてしまいましょう

[voice icon=”https://itochannel.com/wp-content/uploads/2017/08/IMG_4726.jpg” name=”イトカズ” type=”l icon_blue”]それでは次から具体的な手順を解説します[/voice]

iPhoneのパスコード10回間違えるとデータが消えるというセキュリティ設定を解除する手順

ここからiPhoneのデータ自動消去機能をオフにする設定手順を解説します

簡単な設定で1分もあれば完了します。

①「設定」をタッチする 

phone_data_security1

②「Touch IDとパスコード」をタッチ 

iphone_data_security2

③ パスコードを入力します

※待ち受けのロック画面を解除するコードです

iphone_data_security3

④一番下の項目 「データを消去」をオフにする

※画像の状態がOFFの状態です。ONの場合は白い丸が右側で左側が緑色の状態です。

iphone_data_security4

[voice icon=”https://itochannel.com/wp-content/uploads/2017/08/IMG_4726.jpg” name=”イトカズ” type=”l icon_blue”]以上で設定は終了です。

簡単な設定ですが、これであなたのiPhoneのデータを守り続けることができます[/voice]

データ消去機能をオフにするデメリットについて

ここまでの解説だと[keikou]「データ消去」機能をオンにすることにデメリットしかない[/keikou]

そう感じる方が多いと思います。

しかし、本来この「データ消去」機能は[keikou]悪意のある人にiPhoneのデータを見せない為の機能です[/keikou]

例えばイトカズの場合、パスコード設定を4桁にしています(デフォルトは6桁です)

ここで、この「データ消去」機能をオフにすると10000回のロック解除にチャレンジすれば必ず解除に成功します

・大事な写真や連絡先
・メッセージのやり取り
・通販サイトのアカウント
・ネットバンクの口座情報など

便利なツールだからこそ、悪意のある第三者の手に渡ってしまった時に困るケースは挙げればキリがありません。

[voice icon=”https://itochannel.com/wp-content/uploads/2017/08/IMG_4726.jpg” name=”イトカズ” type=”l icon_blue”]

・自分の身近なところでiPhoneのデータが消えてしまうリスク


・紛失・盗難にあってしまった時のデータ流出のリスク

それぞれを認識した上でiPhoneのデータを守り方を判断してください[/voice]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする